忍者ブログ
いらっしゃいませ!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昔の話です

私は家庭教師のバイトをしていました

学校側にも受け入れられているバイトですしね

私はある少年の家庭教師を一任されました

親御さんにお会いした時は驚きました

掴みかからんくらいの気迫で「息子をお願いします」って言ってきました

その後に少年と顔合わせをしたんですがね

よくできる子で、かといって教え甲斐もあるんですよ

教えている方も楽しいというか・・・あの子は将来何か残していきそうな気がしました

と、まぁ話ですか?あぁ済みません。つい語ってしまいましたね

夏休みだったかな?休憩の時に私が聞いたんですよ「どうしてそんなに頑張ってるんだい?」

そしたらその子が私の子供の頃の話、というより両親の話ですかね。を聞いてきたんです

人に話すような面白い思い出もないから。って拒んだのですが、どうも食い下がってきましてね

それで話し終わった後、彼の過去について語ってくれたんですよ

・・・あまり、気持ちの良い話ではありませんよ?

/少年

高校入試、受験戦争、仲間との蹴落としあい、点数がどうのうという冷めた会話

友人と馬鹿な話をしていた俺もいつしかそんなつまらない集団の一部に混ざりこんでました

学校が終わり次第その足で塾に向かい

塾から帰れば親の監視の下での勉強

俺の家は貧乏だった。だからこそ、その辛い日々にも耐えられたのかもしれないですね

親の期待も常軌を逸していますし。そうでしょう?お会いしましたよね?

でも、その期待がうれしかったのかもしれない。愛情なんてものを知らなかった俺には

俺はいわゆる捨て子なんです

実の親から見放され、そのまま死ぬか施設に引き取ってもらうかだけの

・・・『両親』との最後の記憶は小学校1年生の頃です

「旅行に行く」なんて言われて浮かれてた俺をその旅先で置き去りにしていったんですよ

何が起こったかわからなかった。聞きなれたエンジン音だけが遠ざかって行く

気付いてから「待ってよ!ねえ」なんて叫んでも、もう車の姿さえなく

その時だろうな、以来どんなことをされても泣かなくなりましたね

・・・あぁ、また捨てられたら分かりませんね

これからどうしたらいいのか?

そんな難しい問題小学生がわかるわけもなく、ただ底知れぬ不安に全身を支配されてました

その時、俺を拾ってくれたのが今の両親です

何もわからずそのまま流されるだけだった俺を拾ってくれました

そんな彼らの期待に背くわけにはいかないんですよ

・・・馬鹿みたいでしょう?こんなにも信頼してるはずなのにまだどこかで「期待に応えないと捨てられる」

なんて思いこんでるのですから

でも、この凍てついた目に、楽観なんて言葉は見えなくなってしまったんですよ

すみません。必要以上話してしまいましたね



/家庭教師

・・・君は、だから頑張るのかい?

「はい」とはっきりとした返事がかえってきた

持っていたペンを無意識に回す

失礼な質問をした。なんて思った

だけど少年の声、顔はサッパリしてるというか、どうでもいいような

踏み込んじゃいけないと思いつつも口はそのまま滑りつづけ・・・

昔の両親に会いたい。なんて思ったことはないの?

一番聞いてはいけないことを聞いてしまった

・・・済まない

謝って清むことではないのだ。けれども頭を下げた

少年はハッとした顔でこちらを見つめ、口を開いた


/少年

先生、一緒に来てくれますか?

こんなこと言っても混乱するだろう

先生も「・・・は?」なんて全身で体現している。傑作だ

お暇があるなら一緒に両親の所へ行ってもらえないでしょうか?

「でも、赤の他人ですよ?」

今となっては私も、ましてや先生や今の両親も彼らにとって他人でしょう

それに、マズイことを言ったと思うのなら償ってください

笑いながら言うと先生は「困ったなぁ」なんて苦笑いしながら了承してくれた

ここまで事情を察してくれる大人(と言ってもまだ学生だが)はいないだろう

感謝しつつ、両親への外出の言い訳を考えていた











あとがき
どもです。お久しぶりです。研修生です
一次創作。『夏の少年』解禁
続けたいです。中途半端に浮かんだものですので完成させるという意味で
家族に置いて行かれる・・・小さい頃しょっちゅうそんな夢みてはうなされてました
成績がよく、人付き合いも良いのは私の友人
捨て子のポジションの子はいませんがニュースで見て心を痛めましたね
何かに影響されないと思うこともないのか
なんて言ってくださっても構いません。反感を買ってしまいそうですが人間ってそんなものだと思います

テスト間近なのでしばらく空けますね
でも、こどくべやでは日記更新しているので是非ともお願いします

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
えっとフィクション?
初めましてw
ちょっと立ち寄りついでに読み始めたら…気がつけば、かなり引き込まれてしまいましたよ?続きがないと上がっていけそうにないんですけど?w
続編期待してますw
通りすぎれずに踏みとどまった者 2008/02/15(Fri)12:15: 編集
Re:えっとフィクション?
初めまして!
まさか一次創作にコメントをいただけるとは・・・感無量ですw
不定期更新というか、やり逃げ常習犯なので頑張って続きを書きたいと思います
そしてもちろんフィクションですw
少しだけ通じるところはありますけど夢ですし

期待していただけるのならばたとえ燃え尽きるまで!(←ほぼ定型文
【2008/02/21 20:49】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/14 Key肉]
[12/07 kortneycli]
[12/07 kettyzeigl]
[04/07 エヒド]
[01/18 幹事男]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
研修生
年齢:
37
HP:
性別:
男性
誕生日:
1980/02/26
職業:
学生
趣味:
散歩
自己紹介:
 プロフィールを詐称する癖があります。
 二次創作がメインで、現在一次創作は停止気味です。
 暇なとき、「のんびりしていこう」という場所がここであればとても嬉しいです。

最近の衝撃:
 寝言「魔貫光殺砲」
 …そうですか、緑の人ですか。

注意:
 ルールとかとやかく言うのは嫌ですが、一応と。
 他の作家の皆様も何人か迷惑しているそうなのでこちらも。
 まぁ、最低限の常識は守ってください。ということです。

 文書の無断使用・転載はなさらないよう御願い致します。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]