忍者ブログ
いらっしゃいませ!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 

 


 久しく晴れた冬の昼。来ヶ谷は監視カメラの映像を見て哂った。

(いや、実に面白いな理樹くんは…、自分の仕草が相手にどう影響を与えるのか理解していない辺りが特に好ましいよ)

 少々、いや実にイヤラシイ笑みを湛えた彼女は無線から助言(笑)を下す。

「学校の制服を着て本名を教えたら、探られたりでもしたらお終いなんだが…そこのところを訊いてもいいかな?」
『…アッー!』
「はっはっは。いや、がんばりたまえ」

 満足そうに笑い、救済を求められる前に無線を切る。
 ちなみに、監視カメラの映像の右上には「○REC」とついている。
 そこらへんなお約束で下手を打つ来ヶ谷ではない。

「いやしかし、理樹くんはトラブル体質だったか…?」

 …多少危険な発言もご愛敬。
 やはりお約束は絶対に逃さない、来ヶ谷であった。

 

 

 

 

 

PR

 


 漫画やドラマでは有り触れた、あまりにもベタな出来事だったが、あの日俺は一目惚れをした。

 

「あぁ、もう! ドコにあるんだよっ!?」

 街中を巡る陽気な音楽がやけに響いたのを覚えている。それほどまでに俺は切迫していたのだ。

 誰かにネコババされてはいないか。折角溜めたカードのポイントを使われはしないか。
 財布を落として、泣き言をブツブツ言いながら半ば涙目で地面に這いつくばっていた俺に、あの子は手を差し伸べてくれた。

「お、落し物ですか?」

 どこか保護欲を刺激させられるあどけなさを感じる顔立ち。どこの馬の骨とも知らない男に話しかけるのが緊張するのか、ほんのりと朱に染まった頬。心を見透かすような綺麗な瞳。
 振り向いた一瞬で心を奪われた。学生たる自分にとって命と等価とさえ言える、お年玉の全てが入っている財布の存在を一瞬とは言え忘れた程なのだから、と言えばどれほどの衝撃だったか伝わるだろうか?
 …伝わんないか。

「………」
「あの、どうかしたんですか?」
「あ、いや、何でもないですよ!?」

 反応を示さない俺を不審に思ったのか、可愛く小首を傾げる少女。この時点でもう俺の正気は溶けていたに違いない。

 …だから、正気を失ってしまっていたが故に再び会いに行こうと思ってしまった俺を、一体だれが責められようか。


 その可憐な少女の名前は、直枝理樹と言った。

 

 


 


 暗闇の中を歩く。
 暗く、寂しい道だ。

 振り返れば遠くには光がある。

 隣に僕と同じ道を歩いている人がいる。
 でも誰かはわからない。

 さっきまで後ろの光の中にいた気がする。
 だけどもう覚えていない。
 ただ、なにかを学んだ気がする。
 それはきっと、大事なことだ。
 そう心が叫んでいる。

 遠くの暗闇に光が見える。
 暖かな、けれど残酷な光。
 それを糧にして僕は強くなる。
 隣の人も。

 僕は隣の人と顔を合わせ、光に向かって走り出す。

「行こう、鈴」

 繰り返す、いつまでも。

 ふと、聞き慣れた人の声が聞こえたような気がした。


 


昼食で発展する話

お手軽サンドイッチ、工夫を凝らせば絶品料理








それは、少女の願いだったのかもしれない

それは、少女の抵抗だったのかもしれない

屈強な少年はそれをねじ伏せた

無敵の少女は屈し、世界を去った

そんな、お話

[1] [2
  HOME   : Next  »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/14 Key肉]
[12/07 kortneycli]
[12/07 kettyzeigl]
[04/07 エヒド]
[01/18 幹事男]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
研修生
年齢:
37
HP:
性別:
男性
誕生日:
1980/02/26
職業:
学生
趣味:
散歩
自己紹介:
 プロフィールを詐称する癖があります。
 二次創作がメインで、現在一次創作は停止気味です。
 暇なとき、「のんびりしていこう」という場所がここであればとても嬉しいです。

最近の衝撃:
 寝言「魔貫光殺砲」
 …そうですか、緑の人ですか。

注意:
 ルールとかとやかく言うのは嫌ですが、一応と。
 他の作家の皆様も何人か迷惑しているそうなのでこちらも。
 まぁ、最低限の常識は守ってください。ということです。

 文書の無断使用・転載はなさらないよう御願い致します。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]